Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > ネットワーク > Wi-Fiで使用する機器

無線LAN・Wi-Fiで使用する機器の役割

無線LAN・Wi-Fiで使用する機器は大きく「親機」「中継機」「子機」に分かれます。親機と子機は必ず必要となりますが、中継機は必要に応じて設置します。

無線LAN 親機/中継機/子機
広告

無線LAN 親機/中継機/子機

親機

無線LANの親機は、有線LAN(LAN差し口はWAN)の通信を、無線に変換して発信(送信)するネットワーク機器となります。
親機の製品の多くでは動作モードを持っており、中継機や子機として使用することもできます。(対応モードは機器により異なります)

無線LAN モード

上記の他に自動判別の「AUTOモード」を持っている機器もあります。

アクセスポイントモード(AP)、ブリッジモード(BR)

無線LAN親機のルータ機能を無効として使用する場合に選択します。家庭内や会社内の有線LANを取込み無線に変換して使用する動作となります。
メーカにより「アクセスポイントモード」「ブリッジモード」「AP」「BR」「BRIDGE」などで表記されています。

ルータとは、インターネット回線を複数のパソコンやスマートフォンなどで共有して使用するために必要な機能となります。ルータが無いとインターネット1回線で1台のパソコンなどしか接続できなくなります。
通常、インターネットを利用している場合は家庭や会社に1つのルータが存在します。

ルータモード(RT)

無線LAN親機をルータとして動作させる場合に使用します。インターネット回線(有線)をWAN側に繋ぎ、無線に変換して動作します。
メーカにより「ルータモード」「RT」「ROUTER」などで表記されています。

ルータの役割と選び方

中継機モード(WB)

無線LAN親機から発信された無線を受信して、無線として発信(送信)する機器となります。障害物などで無線LANが通らない場合などに使用します。中継の専用機も発売されています。

子機モード(CNV)

無線LAN親機から発信された無線を受信して、有線LANとして使用する機器となります。無線LANが無いデスクトップパソコンやプリンターで使用するケースが多くあります。子機専用の製品も発売されています。
メーカにより「子機モード」「CONVERTER」「CNV」などで表記されています。

中継機

壁などの障害物で無線LANが届かない場合は中継機を設置します。

無線LAN 中継機

中継専用の機器の他に親機が中継モードで動作する場合もあります。
中継を2段以上(多段)で設置することも出来ますが、対応する機器は限定されますので注意ください。

親機の通信速度が速くても、中継機の規格によっては通信速度が低下する場合があります。
無線LAN・Wi-Fiの規格と速度

子機

無線LANを受信して使用するクライアントがすべてが子機となります。
製品として販売している"子機"でなくても、無線LAN内臓パソコンやスマートフォン、タブレットなども子機となります。

販売している子機の多くは、USB接続を利用しています。
デスクトップパソコンでもUSB型の子機を付けると無線LANが使用できます。

無線LAN 子機

親機や中継機の通信速度が速くても、子機の規格によっては通信速度が出ない場合があります。
無線LAN・Wi-Fiの規格と速度

ページTOP
通販で実勢価格を確認
LANケーブル amazon 親機 中継機 子機
楽天 親機 中継機 子機
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン