Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > PCIボードとは?
広告
広告

PCIボードとは?拡張ボードとは?

PCIボード(拡張ボード)を使用するとパソコンの機能を拡張することが出来ます。
デスクトップ型のパソコンの多くにはPCIボード取付用のインターフェースが付いています。このインターフェースに拡張したい機能のボードを差しこむことで、パソコンに新たな機能が追加できます。

パソコンにLANを拡張する例
PCIボードとは

パソコンによっては、PCIインターフェースが無い場合もあります。

広告

PCIボード(拡張ボード)の種類

拡張ボードの種類 概要
グラフィックボード/ビデオカード パソコンとモニターを接続するためのコネクタを拡張
ネットワークボード/LANボード パソコンにLANの差し口の追加やファイバーチャネルの拡張
サウンドボード パソコンにオーディオのインターフェースを拡張
RAIDボード/ストレージボード パソコンのストレージ(HDD)を制御するための拡張
外部インターフェース追加 USBやIEEEなどの外部インターフェースを追加
テレビチューナー パソコンにTVアンテナ追加や地デジチューナなどの拡張
その他 多くの種類の拡張ボードが存在します。

PCIボード

amazonで取り扱う
PCIボード
グラフィック
ボード
LANボード その他PCI
ボード
ページTOP

PCIボードの取り付けは難しい?

パソコンやサーバに適合したPCIボードを選択すればこちらを参照)、取り付けはとても簡単です。
今回例で増設したLANボードはドライバも使う必要は無く、初心者の方でも数分で取り付けが完了します。
※適合しないPCIボードを買った場合は、取り付け自体が出来なくなりますのでご注意ください。

適合するPCIボードについては以下でご確認ください。
PCIボードの違いと選び方

【LANボードを取り付ける例】

PCIボード

現在のPCIボードの多くは、ボード拡張後に電源を入れるだけで自動認識しそのまま使用できます。
ただ、中にはドライバのインストールやBIOSの設定変更が必要となる場合があります。

ページTOP

PCIボード追加時の留意点

PCIボード(拡張ボード)の選択

PCIボード(拡張ボード)には、インターフェース(コネクタ差し込み)の規格や物理的な大きさの違いがあります。
パソコンに合っていないPCIボード(拡張ボード)を購入しても無駄になる場合がありますのでご注意ください。
PCIボードの違いと選び方

PCIインターフェースが無い

デスクトップパソコンでもPCIインターフェースが付いていない場合があります。また、ノートパソコンにはほとんどPCIインターフェースがありません。(以前はノートパソコンにもPCIカード挿入口がありましたが、現在はほぼついていません)

この場合は、USBなどの外部インターフェースを使用して機能を拡張する必要があります。

ページTOP
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン