Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > ネットワーク > 無線LANの選び方

無線LANルータ(Wi-Fi)の選び方

無線LAN・Wi-Fiルータは色々なメーカから発売されており、実売価格も数百円~数万円と開きがあります。
それぞれの機器には特徴がありますが専門用語も多く判断が難しいこともあります。当ページは各メーカで共通する内容を記載しておりますので、購入時の参考にしてください。

無線LANは共通規格(IEEE802.11)があり、規格に沿っている製品にはWi-Fiの記載があります。今では実質「無線LANルータ=Wi-Fiルータ」となっています。

広告

無線LANルータ(Wi-Fi)の主要機能・選定ポイント

家庭や企業で一般的に使用されている無線LAN・Wi-Fiルータの主要な機能は以下となります。
各メーカで表記は異なりますが、カタログ(仕様)を確認するときにご参考ください。

通信速度
(準拠規格)
アンテナ数
MIMO
セキュリティ
動作モード
同時接続数
簡単接続
ハイパワー
外出先からリモートアクセス
ルータ機能
ハブ機能
筐体
消費電力
(節電機能)

1.通信速度(準拠規格)

対応している通信速度

無線LANの通信速度(規格の速度)は、準拠している規格とアンテナ数、帯域幅でほぼ決まります。

以下ページでご確認ください。
無線LAN・Wi-Fiの規格と速度

主な無線LANの規格

「IEEE802.11a」「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」「IEEE802.11n」「IEEE802.11ac」

省略して「11a」や、「11ac/n/a」などで表記される場合もあります

おすすめは? [ まとめへ ]

おすすめは IEEE802.11ac 対応です。
現在のノートパソコンやスマートフォンはほとんどで「IEEE802.11ac」に対応しています。現時点で「IEEE802.11ac」に対応する子機(パソコンやスマートフォンなど)が無い場合でも、規格の通信速度は大幅に向上しますので「IEEE802.11ac」がおすすめです。

実勢価格(amazon)11ac 無線LAN親機
ページTOP

2.アンテナ(ストリーム)機能

アンテナ機能?

アンテナ(ストリーム)には以下の機能(方式)が存在し、通信速度に大きく影響します。
※通常はアンテナ数=ストリーム数のため、アンテナ数と記載しています。

主な機能
アンテナ数
(ストリーム数)
アンテナ数(ストリーム数)は以下の「MIMO」「MU-MIMO」により通信速度に大きく影響します。
外部アンテナとなっていない機器でも必ず内部にアンテナを持っています。
MIMO複数のアンテナで1つの子機に同時通信することで、通信速度を向上する方式です。
MU-MIMO複数のアンテナで複数の子機に同時通信することで、通信速度を向上する方式です。
ビームフォーミング子機(パソコンやスマートフォンなど)の位置を特定し、その位置に電波を集中的に照射することで通信の安定と通信の速さを求めた技術です。
詳細は無線LAN・Wi-Fiの規格と速度 をご確認ください
おすすめは? [ まとめへ ]
アンテナ機能主な機能
アンテナ数
(ストリーム数)
Wi-Fiを同時に使用することがほとんどない場合は「アンテナ2本」でも問題ありません。家族や会社で無線LANを同時に多く利用する場合はアンテナ数が多い方が通信速度が向上する可能性があります。
(ほとんどの子機は多くてストリームが2x2のため、同時使用しない場合はアンテナが2本以上は利用されません)
アンテナ数が増えると消費電力も増えることがありますのでご注意ください。
MIMO必須のおすすめです
MU-MIMOおすすめです。
ただし、Wi-Fiを同時に使用することがほとんどない場合は「MU-MIMO」は不要となります。
ビームフォーミングおすすめです。
スマートフォンではビームフォーミング対応機器が増えており、通信の安定と高速に結びつく可能性が高くあります。
ノートパソコンなどで固定位置で使用している場合は効果が限定的となります。
実勢価格(amazon)11ac 無線LAN親機
ページTOP

3.セキュリティ

無線LANのセキュリティは?

無線LAN・Wi-Fiのセキュリティは大きく「SSIDとパスワード」「MACアドレス認証」「暗号化通信」が利用されます。

セキュリティ 主な機能
SSIDとパスワード 無線LANに接続するためのIDとパスワード
すべての無線LAN・Wi-Fi親機には機能が付いています。
MACアドレス認証 無線LANに接続できる機器を限定する機能
ほぼすべての無線LAN・Wi-Fi親機には機能が付いています。
暗号化通信 子機(パソコンやスマートフォンなど)と親機の通信暗号化
暗号化方式は[WE][WPA][WPA2][WPA/WPA2]などがあり暗号強度に違いがあります。

無線LAN・Wi-Fiは安全?セキュリティは?

おすすめは? [ まとめへ ]

おすすめは MACアドレス認証対応 & 暗号化「WPA/WPA2」対応 です。
ただ、現在発売されている無線LAN・Wi-Fiルータはほぼすべてで対応しています。

実勢価格(amazon)11ac 無線LAN親機
ページTOP

4.動作モード

動作モード?

無線LAN・Wi-Fiルータの多くで動作モードを持っています。
各メーカで独自のモードもありますが、各メーカー共通した動作モードは以下となります。

セキュリティ 主な機能
ルータモード 無線LAN・Wi-Fi親機をルータ機能として使用するモード
インターネット(外部からの有線)を無線LANに変換する機能となります。
アクセスポイントモード 「ブリッジモード」と表記される場合もあります。
ルータ機能を無効としたモード
家庭内や会社内の有線LANを無線LANに変換する機能となります。
中継機モード 無線(通信)を受けて、無線LANとして使用する場合のモード
子機モード 無線(通信)を受け、有線LANとして使用する場合のモード

無線LAN・Wi-Fiで使用する機器の役割

おすすめは? [ まとめへ ]

「ルータモード」「アクセスポイントモード」は、ほぼすべての無線LAN親機で標準です。
「中継機モード」「子機モード」は使い方(利用用途)に沿って選定ください。

実勢価格(amazon)11ac 無線LAN親機
ページTOP

5.同時接続数

無線LAN・Wi-Fi親機に同時利用が多い場合、通信が不安定になったり繋がらなかったりします。
当社でも、家庭用無線LAN親機の上位機種を使用し15台を常時接続しようとしたところ不安定となり親機を増設したことがあります。

多くのメーカでは明確に「xx台接続可能」の記載がほとんどありません。中には「利用人数x人」と目安を表示している場合もあります。

一般的に「同時接続数10台程度」と言われていますが、同時接続数が多い場合は事前にメーカーのホームページや問い合わせで確認した方が安全です。

ページTOP

6.簡単接続

本来は共通の簡単接続規格「WPS」があるのですが、実際には各メーカーが独自に簡単接続機能を設けています。

ネットワークに慣れていない方には簡単接続は必要ですが「ボタンを押すだけ」「QRコードを読み取るだけ」「近づけるだけ」など色々な機能がありますので、ホームページ等で確認して利用したい機能を判断する必要があります。

ページTOP

7.ハイパワー

メーカーにより呼び方は変わりますが「ハイパワー」などの記載があります。

無線LANの最大出力は電波法で定められており「ハイパワー=出力が大きい」ではありません。
ハイパワーの基準は明確ではなく、メーカがアンテナ数やMIMO対応などを総合判断して記載しているようです。
このため、メーカー間の比較としてはほとんど意味を持ちません。同一メーカ内では判断の対象となるかも知れません。

ページTOP

8.外出先からリモートアクセス

リモートアクセスとは?

各メーカーで外出からのリモートアクセスに対応する機能が提供されています。
(BUFFALO「WebAccess」、NEC「ホームIPロケーション」など)
ただ、用途と機能があっているか、セキュリティは問題ないかなどの検討が必要です。

一般的には、外出先からのリモートアクセスには「VPN」を使用します。
VPNとは?
VPN機能に対応した無線LAN・Wi-Fiルータも販売されています。

おすすめは? [ まとめへ ]

自宅や会社にリモートアクセスする場合は、セキュリティを考えてできるだけ「VPN(L2TP/IPsec)」をおすすめします。
ただ、VPNの設定には一定の知識が必要となります。

実勢価格(amazon)11ac 無線LAN親機
ページTOP

9.ルータ機能、ハブ機能

無線LAN・Wi-Fi親機は「ルータ機能」「無線機能」「スイッチングハブ機能」からできています。
(ごく一部の機器で「ルータ機能なし」「スイッチングハブ機能なし」などがあります)

Wi-Fi ルータ・ハブ機能

ルータやスイッチングハブの機能につきましては以下でご確認ください。
ルータの選び方 スイッチ/ハブの選び方

ページTOP

10.筐体

大きくは、外付けアンテナと内部アンテナの機器に分かれます。(以下は代表的なメーカ製品)

Wi-Fi ルータ

外付けアンテナの方が電波の方向を調整しやすいのですが、一般家庭での効果は定かではありません。

外付けアンテナの方がサイズが大きく、置く場所の注意が必要です。中には30cmを超えるような商品もあり設置場所にあった製品を選ぶ必要があります。

ページTOP

11.消費電力(節電機能)

消費電力

無線LAN・Wi-Fi親機は24時間電源を入れたままとなり、消費電力により年間の電気代は結構変わります。
カタログでは最大消費電力を確認することが出来ますが、基本的にアンテナ数(ストリーム数)が多いと消費電力が大きくなります。
必要以上のアンテナ数(ストリームス)を購入しても電気代が高くなるだけです。

節電

各メーカで色々な節電が組み込まれています。
「時間帯で電源OFF」「未使用時はパワーを下げる」「スイッチングハブ側はLANを指していないと電源OFF」など
メーカーにより機能は変わりますので、ホームページでご確認ください。

おすすめは? [ まとめへ ]

もちろん「省電力」+「節電機能」がおすすめです。

実勢価格(amazon)11ac 無線LAN親機
ページTOP

おすすめの「まとめ」

家庭や規模の小さな会社の無線LAN・Wi-Fiについてのおすすめとなります。大規模な無線LAN・Wi-Fiの場合はおすすめが変わりますのでご注意ください。

機能など お勧め
通信速度(準拠規格) 「11ac対応」現時点で子機が11acに対応していなくても親機は長期に使うため、11acがおすすめとなります
アンテナ数(ストリーム数) 「2x2以上」
MIMO 「対応」
MU-MIMO 同じ親機を複数で同時に使用する場合は「対応」
ビームフォーミング 「対応が望ましい」
セキュリティ 「MACアドレス認証」&「WPA/WPA2」対応
動作モード 利用用途により判断ください
ハイパワー あまり気にしない
筐体 サイズが大きい機種もあるので注意が必要
使用電力・節電 もちろん「省電力」+「節電機能」
通販で実勢価格を確認
LANケーブル amazon 無線LAN/親機 中継機 子機
楽天 無線LAN/親機 中継機 子機
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン