Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > USB規格による速度比較
広告
広告
広告

USB規格による速度比較(2.0、3.0、3.1)

USBには規格があり、規格により転送速度が異なります。USBは接続する機器と接続される側の両方にそれぞれUSB規格を持っており、規格が一致しない場合は低い方の規格で接続(転送)が行われます。また、USBを接続するためのケーブルも対応する規格があります。

USB規格速度 USB速度比較
USB規格 制定年 転送速度 給電容量 コネクタ
形状
USB1.0 1996年 12Mbps 2.5W Type-A
Type-B
USB1.1 1998年 12Mbps 2.5W
USB2.0 2000年 480Mbps 2.5W
USB3.0 2008年 5Gbps 4.5W
USB3.1(Gen1) 2013年 5Gbps 100W(最大) Type-A
Type-B
Type-C
USB3.1(Gen2) 2013年 10Gbps 100W(最大)
USB3.2 2017年 20Gbps 100W(最大) Type-C

USB3.0とUSB3.1(Gen1)
USB3.0とUSB3.1(Gen1)は転送速度は同じですが、USBから給電できる容量が大幅に拡張されています。
紛らわしいUSB3.1
USB3.1は「Gen1」と「Gen2」に分かれていて、転送速度に2倍の開きがあります。
購入する製品などによっては「USB3.1」しか記載がされていない場合もあり、どちらに該当するか確認が必要です。
広告

USB接続時の注意事項

USB機器とパソコン側のUSB規格確認

パソコンのUSB挿し口とUSB機器のUSB規格が同じでなくても、多くの場合で接続可能となりますが、低い方の規格で接続(通信)されますのでご注意ください。
※USB1.0やUSB1.1については、接続に対応していないケースも多くあります。

例えば、パソコンのUSB挿し口がUSB3.0で外付けHDDがUSB2.0の場合は、USB2.0で接続(通信)されます。

USB規格確認
ページTOP

USB接続の違いによるアクセス速度の比較

USB規格の転送速度と実際の接続では転送速度に差が発生します。実際に各USB規格の機器を準備し確認した結果は以下となります。

【確認方法】

  • 「USB2.0」「USB3.1(Gen1)」「USB3.1(Gen2)」のコネクタを持ったパソコンを準備
  • 「USB2.0」「USB3.1(Gen1)」「USB3.1(Gen2)」のHDDケースを準備し、同じSSDを差し替えて使用
    (HDDケースは同一メーカーの製品を使用)
  • 上記を差し替えながらアクセス速度を測定
USB2.0のアクセス速度測定
USB2.0アクセス速度の確認環境
パソコンの差込側 ハードディスク : USB2.0
読み込み(MB/s) 書き込み(MB/s)
シーケンシャル ランダム シーケンシャル ランダム
USB2.0 41.39 8.971 39.45 13.82
USB3.1(Gen1) 41.36 8.923 39.66 13.87
USB3.1(Gen2) 41.37 8.922 39.89 13.87

・HDD(SSD)のUSB2.0が使用されるため、パソコン側の差込に関係なく遅いことが確認できました。

USB3.0/USB3.1(Gen1)のアクセス速度測定
USB3.1(gen1)アクセス速度の確認環境
パソコンの差込 ハードディスク : USB3.1(Gen1)
読み込み(MB/s) 書き込み(MB/s)
シーケンシャル ランダム シーケンシャル ランダム
USB2.0 44.92 12.70 45.20 20.84
USB3.1(Gen1) 228.6 17.42 229.5 37.20
USB3.1(Gen2) 229.5 17.33 230.3 32.80

・パソコン側の差込で速度が大きく変わることが確認できました。

・USB3.1(Gen1)の外付けHDD(SSD)をパソコン側のUSB2.0に接続した場合、USB2.0が適用され本来の速度が出ませんのでご注意ください。

USB3.1(Gen2)のアクセス速度測定
USB3.1(gen2)アクセス速度の確認環境
パソコンの差込 ハードディスク : USB3.1(Gen2)
読み込み(MB/s) 書き込み(MB/s)
シーケンシャル ランダム シーケンシャル ランダム
USB2.0 39.40 26.17 43.91 27.36
USB3.1(Gen1) 448.6 189.4 437.2 180.1
USB3.1(Gen2) 555.0 201.6 501.9 184.3

・パソコン側の差込で速度が大きく変わることが確認できました。

・USB3.1(Gen2)の外付けHDD(SSD)をパソコン側のUSB2.0に接続した場合、USB2.0が適用され本来の速度が出ませんのでご注意ください。

USBアクセス速度比較グラフ1
USBアクセス速度比較グラフ2

パソコンは、なるべく新しい規格のUSB差込を利用した方が、転送速度が速くなります。
マウスやキーボードなどは、転送量が少ないためUSB2.0の差込でも問題ありません。

ページTOP

パソコンが対応するUSB規格の判別方法

パソコンの多くは、USBの差込口に対応しているUSB規格のマークが付いています。
また、パソコンには複数のUSB差込口を持っており、差込口によりUSB規格が異なる場合があります。

パソコンのUSB規格判定
USB2.0 USB3.0
(3.1 Gen1)
USB3.1(Gen2)
USB2.0マーク USB3.0マーク USB3.1マーク

マークがない場合はパソコンのカタログやメーカーホームページで確認が必要です。

ページTOP
通販で実勢価格を確認
amazon USBケーブル USBハブ USBメモリ
楽天 USBケーブル USBハブ USBメモリ
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン