Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > サーバ関連 > RAID比較(構成・速度実測・耐障害性) > raid60とは?
広告
広告

RAID60「複数分散パリティ+ストライピング」とは?

RAID60(6+0)はRAID6「複数分散パリティ」の構成をさらにRAID0「ストライピング」で掛け合わせた構成となります。RAID6を高速化し耐障害性を高めた構成となります。

RAID60構成
広告

RAID60(6+0)の概要

データの保管
ブロック単位に分けたデータを2重のパリティを付加してHDDに分散格納します(RAID6)。また、ブロック単位に分けたデータをHDDに分散して格納します(RAID0)。RAID6+RAID0の構成です。
読み込み速度

一度に複数のHDDからブロック単位に読み込みを行うため、高速に読み込みが行われます。(上記の場合、「A」「B」「C」「D」が一度に読み込みされる)
HDDが多くなれば多くなるほど高速となります。

RAID構成によるアクセス速度比較結果
書き込み速度

ブロック単位のデータを一度に複数HDDに書き込みするため、高速に書き込みが行われます。(上記の場合、「A」「B」「C」「D」が一度に書き込みされる)

RAID構成によるアクセス速度比較結果
耐障害性

1グループあたり2本のHDD障害でもPCやサーバーは無停止で動作できます。
また、RAID6グループ内のHDD2本であれば耐障害性があるため、3本以上の障害でも無停止で動作可能な場合があります。
※同一RAID6グループ内で3本のHDD障害が発生した場合は復旧不能となります。

RAID60の障害
データ容量

RAID構成しているRAID6グループ数分の容量(サイズ)が減ります。
たとえば、
 500GB × 8本 = 4.0TB でRAIDグループ2つの場合は、2.0TBまで利用可能
 500GB × 10本 = 5.0TB でRAIDグループ2つの場合は、3.0TBまで利用可能
 500GB × 12本 = 6.0TB でRAIDグループ3つの場合は、4.0TBまで利用可能

RAID容量計算
使用するHDDの本数

RAID60は8本以上でHDD構成します。
HDDの数が多いほどアクセス速度が高速となります。

(1) RAID6グループ内でHDDを追加する場合

RAID60増設1

(2) RAID6グループを追加する場合

RAID60増設2
まとめ

「コスト度外視で耐障害性強化した高速アクセスを得たい」場合に使用します。ただし、最低HDD8本のためコストは増加します。

必要
HDD本数
実効容量速度耐障害性
8本以上構成HDD-4本以上高速HDD2本~n本
ページTOP
ページTOP
通販で実勢価格を確認
LANケーブル amazon RAID対応NAS RAIDカード
楽天 RAID対応NAS RAIDカード
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン