Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > ネットワーク > LANケーブルの違いと選び方

LANケーブルの違いと選び方

Wi-Fiなどの無線LANが多くなっています。無線LANは配線もいらず便利なのですが、安定した高速通信を行うためにはまだまだ有線LANが必須です。

LANケーブルには種類・規格(カテゴリー)があり、使用するケーブルによってネットワークの通信速度にも大きく影響します。

ネットワークが遅い場合は、使用しているLANケーブルを確認してください。古い規格(カテゴリー)のLANケーブルを使用しているとケーブルでネットワーク速度が低下している場合があります。
(LANケーブルの比較実験)

広告

LANケーブルの規格(カテゴリー)

2018年現在、LANケーブルは以下のカテゴリー(CAT)に分かれています。

カテゴリー速度
規格CAT5CAT5eCAT6CAT6A
CAT6E
CAT7CAT7ACAT8
通信速度(bps)100M1G1G10G10G10G40G
10BASE-T
100BASE-T
1000BASE-T×
1000BASE-TX××
10GBASE-T×××
40GBASE-T××××××
伝送帯域(Hz)100M100M250M500M600M1000M2000M

現在のパソコンのほとんどは「1000BASE-T」に対応しています。「1000BASE-T」は「1Gbps」までの速度に対応しているため、CAT5E以上のケーブルが必須となります。

ただ、同じ通信速度「1G」のカテゴリー「CAT5E」と「CAT6」では、帯域が違うため「CAT6」の方が通信が早くなることがあります。帯域が大きいほど大量のデータを同時に流すことが出来るようになります。

以下もページも合わせてご確認ください。

イーサネット規格無線LAN規格
イーサネット規格と速度無線LAN・Wi-Fiの規格と速度
ページTOP

LANケーブル規格(カテゴリー)の確認方法

現在使用しているLANケーブルのカテゴリーを確認するには、LANケーブルに印刷されているカテゴリー表示を確認します。ただし、古いケーブルや一部ケーブルでは印刷されていないことがあります。

サンプル CAT5E
  • 上記のように表記がある場合は、LANケーブルのカテゴリーを確認することが出来ます。
    ただし、"CAT.5"で表記されているのに、実際には"CAT5e"の場合があります。
  • 表記がない場合は、LANケーブルの見た目からの判断は難しく、実際の転送速度などによりカテゴリーを推定する必要がある。(実質判断は難しい)
ページTOP

カテゴリー以外のLANケーブルの違い

カテゴリの違い以外にもLANケーブルには違いがあり、それそれで機能や性能が異なります。

「UTP」と「STP」の違い

UTPとSTPの比較

ケーブル内のシールド(アルミ箔による保護)の有無によりノイズ耐久性に違いがあります。
UTPとSTPを外見から見分けることは出来ないため購入時に注意してください。
ただし、一般的にCAT6以下はUTP、CTA7はSTPとなります。

電線種類特徴
UTP UTP

CAT6までは、通常UTPケーブルが使用されています。

LANケーブル内部がシールドで保護されていないため、ノイズへの対応は高くありませんが、家庭や企業でのノイズはUTPケーブルで十分対応できます。
このため、販売されているCAT6までのLANケーブルはほとんどがUTPとなっています。

STP STP

CAT7以降はノイズへの対応を強化したSTPケーブルが使用されています。
CAT6でもSTPケーブルを使用していることがあります。

LANケーブル内部がアルミ箔で保護されており、ノイズに対応しているため安定性が増しますが、UTPと比べると価格が高くなります。

ページTOP

「単線」と「より線」の違い

単線とより線の比較

ケーブル内の芯線の違いにより通信の安定性に違いがあります。
単線とより線を外見から見分けることは出来ないため購入時に注意してください。
感覚とはなりますが、柔らかいケーブルはより線で固いケーブルは単線となります。また、フラットケーブルと極細ケーブルはほとんどがより線となります。

芯線(導線)特徴
単線 単線

1本の芯線に1本の銅線が使用されたケーブルです。

より線に比べて通信の安定性が高くなります。
通信の安定性を優先する場合は、単線の方がお勧めとなります。

ケーブルが固くなるため、より線に比べて配線の取り回しが若干面倒となります。

より線 より線

1本の芯線に複数の銅線が使用されたケーブルです。

単線に比べて通信が安定性は低下しますが、家庭での実用レベルで安定性の低下を感じることはほとんどありません。

ケーブルは柔らかく取り回しが楽なため、持ち運びや配線の取り回しが楽になります。

多くのメーカーで、より線でも安定度が高いLANケーブルも発売されています。

ページTOP

LANケーブル形状の違い

UTPとSTPの比較

ケーブルの形状により通信の安定性などが違います。

形状特徴
スタンダードスタンダード

一般的な丸型LANケーブルです。

持ち運びや配線などの都合以外はスタンダード形状をお勧めします。

フラットフラット

厚さ1ミリ程度の薄いケーブルです。

壁際や隙間などに重宝しますが、ノイズに弱いため長い距離で
の利用はお勧めできません。

極細極細

スタンダードの半分くらいの太さの丸型LANケーブルです。

持ち運びなどには重宝しますが、通信の安定性は低下します。

据え付けとして使用するLANケーブルではお勧めできません。

ページTOP

配線の違い「ストレート」と「クロス」

以前は「ストレートケーブル」と「クロスケーブル」を厳密に使い分ける必要がありましたが、現在はネットワーク機器が自動判別する機能を備えており、ほとんどのケースで「ストレートケーブル」が利用出来るようになっています。
一般的には「ストレートケーブル」を使用すると判断ください。
「クロスケーブル」の詳細や見分け方などは、以下ページよりご確認ください。

LANケーブルのストレートとクロスの違い

ページTOP

どのLANケーブルを使用(購入)したらいいの?おすすめは?

家庭や会社で使用するLANケーブルは、「CAT6」以上のカテゴリーで、短い距離は「より線」、長い距離は「単線」がおすすめとなります。

高価なLANケーブルを購入する必要はありませんが、大手メーカの製品をおすすめします。海外メーカーの安価なLANケーブルはコネクタの接触不良などもあり、長期に敷設したままでの利用には不安があります。(すべてが良くないとの事ではありませんが、経験上海外製品はトラブルが多くなっています)

カテゴリーの比較・おすすめ

規格利用環境・おすすめ
CAT5 ×

すでにほとんど販売もされていませんが、おすすめではありません。
通信速度が100Mbpsとなっており、完全に過去の規格です。

現在、CAT5のLANケーブルを使用している場合は、LANケーブルを変更することをお勧めします。
ハブも1Gbps以上の製品を使用する必要があります。

CAT5e

CAT6と通信速度は変わりませんが、帯域が狭いためにおすすめとなりません。
以前は、CAT5EとCAT6でLANケーブル価格に大きな開きがありましたが、現在は価格差は大きくありません。

現在、CAT5EのLANケーブルを使用している場合は、すぐに交換の必要はありません。
ただ、動画など通信量が多い場合はCAT6以上に交換を検討ください。

CAT6
CAT6A

現在主流のカテゴリーとなります。
帯域も広く、家庭や会社で利用するLANケーブルとしておすすめします。

CAT7
CAT7A

帯域も広くノイズが多い場所で高速に通信したい方にお勧めします。
ケーブルの二重シールド(STP)や接合部の金メッキなどにより外部から干渉に強い仕組みとなっています。

CAT6と比べると価格が高く、通常の家庭や会社ではCAT6で十分となります。

CAT8 ×

データセンタなどで利用する規格で一般には不向きです。

40Gbpsで動作させるためにはNICやハブなども対応する必要があり、とても高額で現実的ではありません。

LANケーブルの規格(カテゴリー)別の通信速度を計測していますので、ご参考に使用するLANケーブルを決定してください。
LANケーブルの比較実験

カテゴリー以外の機能比較・おすすめ

形状電線種類芯線
スタンダードフラット極細UTPSTP単線より線
×長距離短距離

ハブのお勧めは?

LANケーブルを交換してもスイッチングハブなどの機器が古いと通信速度は改善しません。
スイッチングハブについてもご確認ください。
スイッチングハブの選び方

LANの通信速度が遅い!

LANの通信速度はLANケーブルだけで改善しない場合があります。
パソコンやスイッチ(HUB)などの通信機器にも影響しますので、以下もご確認ください。
イーサネット規格

無線LAN・Wi-Fiの通信速度や規格は以下をご確認ください。
無線LAN・Wi-Fiの規格と速度

通販で実勢価格を確認
LANケーブル amazon Cat5e Cat6 Cat7
楽天 Cat5e Cat6 Cat7
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン