Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > サーバ関連 > RAID比較
広告
広告
広告

RAID60「複数分散パリティ+ストライピング」のアクセス速度

ディスク8本~12本までのRAID60「複数分散パリティ+ストライピング」構成について、アクセス速度を実測しています。
HDDとSSDで測定していますので、RAID構成の検討にご活用ください。

RAIDイメージ
RAID構成ごとのアクセス速度比較
RAID0 RAID1/1E RAID5 RAID6 RAID10 RAID50 RAID60
使用ディスク数ごとのRAID構成比較
2本 3本 4本 5本 6本 7本 8本 9本 10本 11本 12本

測定は、ハードウエアRAID+(HDD/SSD)で行っています。HDD/SSD共にデスクトップパソコンレベルの製品を使用しています。使用する製品によっては結果が異なる場合がありますのでご注意ください。

広告

HDD使用時のRAID構成別アクセス速度

すべて「RAID6×2」(2グループ)で構成しています。

HDDの場合はディスクの増加にほぼ比例してアクセス速度が速くなります。グループ数が多い違法が、ランダムアクセスが速くなります。

SSDの場合は本数を増やしてもアクセス速度は変わりません。シーケンシャルの書き込みは非常に遅く、パリティ計算による影響と考えられます。

今回使用したRAIDコントローラとHDD/SSDでの結果です。違う製品の場合は結果が異なる場合がありますのでご注意ください。

本数 シーケンシャル(MB/S) ランダム(MB/S)
READ WRITE READ WRITE
■HDDを使用した場合■
8本 560.3 544.4 24.25 2.484
10本 767.8 785.9 24.79 2.375
12本 1041.5 1046.5 25.51 2.389
■SSDを使用した場合■
8本 3101.6 226.2 546.0 4.680
10本 3556.5 222.8 548.4 4.677
12本 3571.2 208.8 558.1 4.553

HDDのRAID60

HDDを8本~12本に増やしながら、RAID60「複数分散パリティ+ストライピング」のアクセス速度を計測しています。

RAID60のアクセス速度 RAID60のシーケンシャルアクセス速度 RAID60のランダムアクセス速度
ページTOP

SSDのRAID60

SSDを8本~12本に増やしながら、RAID60「複数分散パリティ+ストライピング」のアクセス速度を計測しています。

RAID60のアクセス速度 RAID60のシーケンシャルアクセス速度 RAID60のランダムアクセス速度
ページTOP
RAID構成ごとのアクセス速度比較
RAID0 RAID1/1E RAID5 RAID6 RAID10 RAID50 RAID60
使用ディスク数ごとのRAID構成比較
2本 3本 4本 5本 6本 7本 8本 9本 10本 11本 12本
通販で実勢価格を確認
amazon RAIDカード 内臓HDD 内臓SSD
楽天 RAIDカード 内臓HDD 内臓SSD
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン