Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > サーバ関連 > RAID比較(構成・速度実測・耐障害性) > RAID容量計算
広告
広告

RAIDの容量計算

RAIDを構成する場合、複数のハードディスクを利用するが構成するRAIDの種類によって利用可能な容量(実効容量)は異なります。
サーバやパソコンに搭載されているHDD(SSD)の容量と本数を指定すると、構成できるRAIDと利用できる容量を計算し表示します。
なお、異なるサイズ(容量)のディスクでRAIDを構成する場合は、一番小さいサイズのディスク容量が実効容量として使用されます。

広告

RAID容量計算電卓

HDD(SSD)のサイスと使用する本数を指定すると、各RAID構成で使用できる実効容量が計算できます。

HDD1本あたり、

※異なるサイズのHDD(SSD)を搭載している場合、一番小さいHDD(SSD)の容量を指定してください。

本のHDDでRAIDを構築

ホットスペア/ホットスタンバイを除く本数を指定してください。

結果
構成 利用可能容量(実効容量) 耐障
害性
速度 イメージ
RAID0
2,500GB (2.5TB)
超高
RAID1
500GB
RAID1はHDD(SSD)が2本構成です
このため3本未使用となります
RAID5
2,000GB (2TB)
RAID6
1,500GB (1.5TB)
超高
RAID10
1,000GB (1TB)
RAID10はHDD(SSD)が2本1セットです
このため、1本未使用となります
RAID50
構成不可
RAID50はHDD(SSD)が最低6本必要です
有効HDD実際に使用できるデータの格納容量に相当するハードディスク
無効HDD耐障害性に備えたパリティデータの格納容量に相当するハードディスク
上記は容量をイメージしたもので、実際のパリティデータの持たせ方はRAID構成により異なります。各RAID構成をご確認ください。
ページTOP

OSで表示される容量

RAID構成のディスクは、OSで1つのHDDとして表示されます(OSで上記の計算容量が表示されます)。
ただし、WindowsやLinuxなどのOSは、二進法表示(1K=1024Byte)が行われるため上記計算とは違う値が表示されます。

(例)「RAID計算結果が100GB」 ⇒ 「Windowsでの表示は、93.132GB」

十進法と二進法の表示・計算については以下でご確認ください。

ページTOP ページTOP
通販で実勢価格を確認
LANケーブル amazon RAID対応NAS RAIDカード
楽天 RAID対応NAS RAIDカード
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン