Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > サーバ関連 > RAID比較(構成・速度実測・耐障害性) > raid6とは?

RAID6「複数分散パリティ」とは?

RAID6はデータを複数のハードディスクに分散して格納します。さらにパリティデータ(誤り訂正補正)を二重で書き込みを行うことで、耐障害性を大幅に高めた構成となっています。

RAID6構成
広告

RAID6の概要

データの保管
ブロック単位に分けたデータをHDDに分散して格納します。
2本のHDDにブロック単位のパリティ(=誤り訂正補正)に格納します。
パリティは、処理負荷の観点より固定のHDDではなく、分散して保管されています。
読み込み速度
一度に複数のHDDからブロック単位に読み込みを行うため、高速に読み込みが行われます。(上記の場合、「a」「b」が一度に読み込みされる)
HDD4本の場合、RAIDのオーバーヘッド(データをブロック単位に分割しパリティを計算)の比率が大きくなり、高速の効果が出ない場合があります。
HDDが多くなれば多くなるほど高速となります。
実測は「RAID構成によるアクセス速度比較結果」でご確認ください。
書き込み速度
ブロック単位のデータを一度に複数HDDに書き込みするため、高速に書き込みが行われます。(上記の場合、「a」「b」が一度に書き込みされる)
HDDが多くなれば多くなるほど高速となります。
実測は「RAID構成によるアクセス速度比較結果」でご確認ください。
耐障害性
2本のHDD障害でもPCやサーバーは無停止で動作できます。
データ容量
RAID構成しているHDDの-2本の容量(サイズ)となります。
たとえば、
 500GB × 4本 = 2.0TB の場合は、1.0TBまで利用可能
 500GB × 5本 = 2.5TB の場合は、1.5TBまで利用可能
使用可能容量は「RAID容量計算」でご確認ください。
使用するHDDの本数
RAID6は4本以上のHDDで構成します。
HDDの数が多いほどアクセス速度が高速となります。
実測は「RAID構成によるアクセス速度比較結果」でご確認ください。
RAID6増設
まとめ

「耐障害性を強化したい」場合に使用します。ただし、HDDが4本以上必要となりコストが高くなります。また、耐障害性のHDDが2本となるためRAID5より実効容量は低下します。

必要
HDD本数
実効容量速度耐障害性
4本以上
(比較)
構成HDD-2本分
(計算)
高速
(詳細)
HDD2本
(比較)
各RAID構成の詳細説明
RAID0とは?
RAID0
RAID1とは?
RAID1
RAID5とは?
RAID5
RAID6とは?
RAID6
RAID10とは?
RAID10
RAID50とは?
RAID50
各RAID構成の比較は「RAID比較」をご確認ください
通販で実勢価格を確認
LANケーブル amazon RAID対応NAS RAIDカード
楽天 RAID対応NAS RAIDカード
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン