Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > ネットワーク > LANケーブルの屋内配線
広告
広告

LANケーブルの屋内配線

無線LAN・WiFiの利用も多くなっていますが、高速に通信したい場合や安定した通信をしたい場合は、有線LANが必須となります。
屋内でLANケーブルを敷設するためのパーツを中心に記載しています。

LANケーブルを壁の中を通して、コンセントにLANジャックを付けることで、ケーブルが見えないとても綺麗な配線となります。

コンセント工事はブレーカを切って作業すれば、それほど難しくありませんが、法律上は「電気工事士」の資格が必要です。個人で工事した場合は感電や漏電の危険を伴います。また、個人で工事をして漏電火災が発生した場合は、火災保険も適用されない場合があるようです。
このため、隠ぺい配線はLAN配線工事業者に依頼することをお勧めします。

室内の隅などのそのままLANケーブルを配線します。

お手軽な配線となりますが、LANケーブルが見えたままなので見た目は良くありません。壁の色と合わせたモールを使用するなどで見た目の改善はできます。

屋外のLANケーブル配線は以下でご確認ください。

広告

LANケーブルを隠蔽配線(埋め込み配線)

LANケーブルを壁内に配線しコンセントにLANジャックを付けることで、LANケーブルが見えない綺麗なすっきりした配線が可能です。

コンセントLAN

コンセントのLANジャックは簡単に購入できます。

実勢価格(amazon)コンセントLAN

ただし、以下の理由でご自身のコンセント配線工事はおすすめしていませんのでご注意ください。

工事の資格
コンセント工事はブレーカを切って作業すれば、それほど難しくありませんが、法律上は「電気工事士」の資格が必要です。
感電・漏電
ご自身で工事をした場合、感電や漏電の危険が伴います。
電気工事士の資格がない人による工事で漏電火災が発生した場合は、火災保険も支払われないとの情報もあります。(正しい情報か分かりません)

当社ではご自身でのコンセント配線はおすすめではなく、手順などは記載しておりません。
コンセント配線を行う場合は、電気屋などに依頼することをおすすめします。

ページTOP

LANケーブルを露出配線

使用するLANケーブル

LANケーブルは配線する位置を確認して、長さのあったLANケーブルを準備する必要があります。また、扉(ドア)を通す場合など隙間LANケーブルを使用する必要があるかの確認も必要です。

一般的なLANケーブル
使用するLANケーブル
フラットケーブルは隙間などには便利ですが耐久性が低くなります。
長いLANケーブルの敷設は丸型を使用し、隙間を通すときだけフラットケーブルを使用することをおすすめします。

LANケーブルには規格があり、利用するケーブルで通信速度が低下する場合があります。

高屈曲LANケーブル
高屈曲LANケーブル
壁に沿って90度に曲げる場合は、高屈曲対応のLANケーブルを使用します。
通常のLANケーブルを90度に曲げると断線する可能性がありますのでご注意ください。
実勢価格(amazon)高屈曲LANケーブル
すきまLANケーブル
すきまLANケーブル
ドアの隙間が狭く、LANケーブルが通らない(擦れる)場合は、隙間専用のLANケーブルを使用します。

隙間LANケーブルは以下でご確認ください。

実勢価格(amazon)隙間LANケーブル
高耐久LANケーブル
カーペットLANケーブル
カーペットの下や床で踏むことが多い場合に使用するケーブルもあります。

邪魔にならないように薄くなっていますが、耐久性が高いため、床にモールなどを張らなくても利用できます。(頻繁に踏む場合は、モールを付けることをおすすめします)

実勢価格(amazon)カーペットLANケーブル
ページTOP

LANケーブルの固定

LANケーブルは固定しない状態でも使用できます。ただし、足を引っかけたり、踏んだりすることで断線する可能性があります。このため、LANケーブルを部屋の隅に固定することおすすめします。

モール
LANケーブル用モール
モールには、丸型と角型があります。通常は、床(踏む)の場合に丸型を使用し、壁に貼り付ける場合は角型を使用します。

大きさも色々あるので、配線するLANケーブルの本数に合わせて選択ください。

実勢価格(amazon)LAN用モール
固定フック
LANケーブル用固定フック
LANケーブルを露出したまま、壁などにフックで固定することもできます。

フックにはサイズがあり、配線するLANケーブルの本数に合わせて選択してください。

実勢価格(amazon)LANケーブル固定フック
ページTOP

LANケーブルの延長

LANケーブルを配線するときにLANケーブルの長さが足りなくなった場合は、LANケーブルを延長できます。
延長したら通信速度が遅くならないの?は下記をご確認ください。

LAN接続コネクタ
LANケーブルコネクタ
LANケーブルとLANケーブルを接続するコネクタを使用します。

コネクタにも対応するカテゴリーがありますので、使用しているLANケーブルのカテゴリー以上のコネクタを選択してください。

実勢価格(amazon)LANケーブルコネクタ
LAN延長ケーブル
LAN延長ケーブル
コネクタではなく、LANケーブルの一端が差し込みとなっているケーブルもあります。

コネクタより接続が少なくなるので、ケーブル抜けや接触不良のリスクが下がります。

実勢価格(amazon)LAN延長ケーブル
ページTOP

ベランダなどを経由してLANケーブルは配線する場合

「隣の部屋にベランダ経由でLANケーブルを敷設する」「1階と2階を外経由でLANケーブルを敷設する」など、屋外経由でLANを配線した方が便利な場合があります。

屋外LAN
扉や窓(サッシ)の隙間を利用した屋外のLANケーブル敷設を記載していますので以下をご確認ください
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン