Web便利ノート
cman.jp cman.jp > Web便利ノート > ネットワーク > LANケーブル自作

LANケーブルの自作

LANケーブルは部品(パーツ)と工具を準備することで自作することが出来ます。自由な長さのLANケーブルを自分で作成することはさほど難しくもありません。(光ケーブルの自作は難しく専門知識が必要です)
当ページでは、自作の手順や失敗しないためのコツを記載しています。

LANケーブルの種類(カテゴリー)やLANケーブルの実測は以下をご確認ください。
LANケーブルの比較実験
使用中のLANケーブルの見分け方

広告

1.自作のための部品(パーツ)

LANケーブルを自作するためには以下の部品(パーツ)が必要となります。

LANケーブル

各メーカーから自作用のLANケーブルが発売されています。
屋外用LANケーブルなどもありますが防水対策なども必要となるため、自作でなく製品版をおすすめします。

自作工具1 選択肢 種類 と おすすめ
長さ 自作用は100m以上のケーブルが多く発売されています
100m以上のケーブルは光ケーブルを使用します詳細
カテゴリ CAT5E」or「CAT6」or「CAT6E詳細
おすすめは「CAT6」または「CAT6E」です
芯線 単線」or「より線詳細
おすすめは「単線」です
形状 スタンダード」or「フラット」or「スリム詳細
おすすめは「スタンダード」です
シールド UTP(シールドなし)」or「STP(シールドあり)詳細
おすすめは「UTP」です。「STP」は難しいです。
自作用LANケーブル
実売価格
amazon 100m 300m 自作キット
楽天 100m 300m 自作キット

RJ45コネクタ

LANケーブルの両端に付けるコネクタ(RJ-45)は各メーカから発売されています。

自作工具1 選択肢 種類 と おすすめ
カテゴリ CAT5E」or「CAT6」or「CAT6E詳細
LANケーブルに合わせて選択します
芯線 単線用」or「より線用」or「両対応詳細
LANケーブルに合わせて選択します
シールド UTP(シールドなし)」or「STP(シールドあり)詳細
LANケーブルに合わせて選択します
ロードバー なし(通常)」or「あり」(下記手順参照)
「ロードバーあり」がおすすめです。
結線ミスが大幅に少なくなります。
ツメ折れ 対応なし」or「対応あり
おすすめは「ツメ折れ対応あり」です
コネクタ(RJ-45)
実売価格
amazon CAT5E CAT6 自作キット
楽天 CAT5E CAT6 自作キット

モジュラカバー

必須の部品ではありません。
ツメ折れ対応なしのコネクタを使用する場合はカバーを付けた方が安全です。

自作工具1 選択肢 種類 と おすすめ
先/後付け 先付け」or「後付け
「後付け」は外れやすく「先付け」がおすすめです
セキュリティ LANの脱落防止や不正取り外しなどを防ぐことができます
一般ではあまり利用されていません
ページTOP

2.自作のための工具

LANケーブルを自作するためには以下の工具を使用します。

かしめ工具

自作工具1

LANケーブルを自作するには、かしめは必須となります。
両端コネクタ(RJ45)を締め付けるために使用します。

締め付けの力で壊れる事があるので、極端に安価な商品には気を付けましょう。

かしめ工具
実売価格
amazon かしめ工具 自作キット
楽天 かしめ工具 自作キット

テスター

自作工具2

作成したLANケーブルの断線確認のためには、テスターは必須となります。

おすすめは「セパレータ」タイプとなります。
離れた場所でもLANケーブルの結線(断線)を確認することができます。

距離の計測や断線確認以外に結線確認などができるテスターもあります。
 断線確認:線が繋がっているかの確認
 結線確認:正しい配線が行われているかの確認
クロスケーブルの結線が正しく判定できないテスターも多くあります。

LANテスター
実売価格
amazon テスター 自作キット
楽天 テスター 自作キット

皮むき器

自作工具3

カッターやハサミで代用可能ですが、あると便利な工具です。

LANケーブルの結線作成時にまわりの皮を剥く(切り取る)必要がありますが、
皮むき機があると便利(手軽)で時間の短縮となります。

皮むき工具
実売価格
amazon 皮むき工具 自作キット
ページTOP

3.LANケーブルの作り方(自作の手順)

LANケーブルは以下の手順で作成します。

(1)ケーブルの切断

自作手順1

LANケーブルを必要な長さに切断します。

【コツ】
・少し長めに切断します。結線に失敗(テスターでエラー)した場合は、追加で切断が必要となります。

(2)モジュラーカバーの設定

自作手順2

先付けのモジュラーカバーを使用する場合は設定します。

(3)ケーブルの皮むき

自作手順3_1
自作手順3_2

皮むき器でLANケーブル両端の外皮を切り取ります。

カッターやハサミでも代用可能ですが芯線を傷つけないように注意が必要です。皮むき器を使用すると一定の深さで外皮に切れ込みを入れることができます。

【コツ】

  • 皮むき器の刃の高さ調整は浅い(低い)ところから調整ます。
    刃が深い(高い)と内部の芯線を傷つけ断線の原因となります。
  • 少し長く(3cm程度)の皮を剥きます
  • 切り取った後、芯線に傷が入っていないか確認します
自作手順3_3

ケーブル内に十字区切り(十字介材)がある場合は切り取る

(4)芯線の並べ替え

自作手順4_1
自作手順4_2

作成したいLANケーブルの種類に沿って芯線を並べ替えます。

通常はストレート(T568B)で並べます。以前はクロスケーブルも多く利用されていましたが、現在は特殊なケースを除きストレートケーブルのみでLANを構築できます。詳細

T568B ストレートケーブルの結線

A結線(T568A)やクロスケーブルの結線については、下記「LANケーブルの結線種類」をご確認ください。

(5)コネクタに結線

1.ロードバーありの場合
自作手順5_1
自作手順5_2
自作手順5_5

写真では分かりずらいのですが、上の部品が「ロードバー」です。
ロードバーに各ケーブル(芯線)を通し、ロードバーの先端でケーブルを切断します。
ロードバーなしと比べ配線確認が容易となり失敗がかなり少なくなります。

【コツ】

  • ロードバーには上下があります。
    通常は突起がある側が下になりますがパーツのマニュアルで確認ください。
  • ロードバーに芯線を通した後に必ず並び順を確認します。
  • ロードバーはなるべく深く押し込みます。
自作手順5_3
自作手順5_4

ロードバーをコネクタに強く差し込みします。

【コツ】

  • コネクタの先頭まで押し込まれていないと正しく結線しません。
    押し込んだ後、コネクタの上下から先頭まで差し込まれているか確認します。
ロードバー付きコネクタ
実売価格
amazon ロードバー付き
楽天 ロードバー付き
2.ロードバーなしの場合
自作手順6_1
自作手順6_2

芯線を並べ、先頭を切りそろえた状態でコネクタに差し込みします。
各芯線を見た目でコネクタに通す必要があり失敗が多く発生する工程です。
ロードバーありのコネクタを使用すると失敗を大きく減らすことができます。

【コツ】

  • 1.5cm程度に綺麗に切りそろえる必要があります。
    長いままで外皮がコネクタに達しないとコネクタをケーブルを固定できなくなります。
  • 綺麗に並べた状態でないと、差し込み時に芯線の位置(順番)が変わってしまいます。
  • 各芯線がコネクタの先頭に届くまで強く押し込みます。
自作手順6_3
自作手順6_4

コネクタの先頭まで各芯線が達しているか必ず確認します。

【コツ】

  • 結線失敗のほとんどがこの確認で防げます。
  • 芯線すべてがコネクタの先頭まで達しているか、上下と前方から確認します。
  • 並び順がずれていないかも確認します。

(6)かしめ工具で締め付け

自作手順7_1

かしめ工具で締め付けます。

【コツ】

  • 強く締め付けます。締め付けが不完全だと通信が不安定になったりコネクタからケーブルが抜けるなどの問題が生じます。

(7)テスターで結線確認

自作手順8_1
自作手順8_2

作成したLANケーブルの疎通確認を行います。

テスターで断線が無いことを確認します。

(8)モジュラーカバーの調整

自作手順9_1
自作手順9_2

先付けのモジュールカバーを使用する場合は、コネクタにはめ込みします。

以上でLANケーフルが完成です。

ページTOP

LANケーブルの結線種類

LANケーブルの両端(コネクト)を見ると8色(緑、緑白、橙、橙白、青、青白、茶、茶白)に分かれていて、結線の状態を確認することができます。
結線は各規格により異なります。「ストレートケーブル」は国内のほとんどのメーカで「T568B」が採用されています。
LANケーブルを自作する場合は、特別な事情がない限り「T568B」の「ストレートケーブル」で結線することをおすすめします。

ケーブル 通信規格 結線規格 結線(色の配置)
ストレート
ケーブル
(ethernet)
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX

(カテゴリ)
CAT5
CAT5E
CAT6
CAT7

T568A
(A結線)
T568A ストレートケーブルの結線
T568B
(B結線)
T568B ストレートケーブルの結線
クロス
ケーブル
(ethernet)
100BASE-TX

(カテゴリ)
CAT5

T568A/
T568B
(AB結線)
T568A ストレートケーブルの結線
(ethernet)
1000BASE-T

(カテゴリ)
CAT5E
CAT6
CAT7

T568A
(A結線)
T568A ストレートケーブルの結線
T568B
(B結線)
T568A ストレートケーブルの結線
(ethernet)
1000BASE-TX

(カテゴリ)
CAT6
CAT7

T568A
(A結線)
T568A ストレートケーブルの結線
T568B
(B結線)
T568A ストレートケーブルの結線
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン